えー、私が矯正やるんですか? ②

「北新地駅」
徒歩1分
「西梅田駅」
徒歩2分
「大阪駅」
徒歩5分

〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目4−20 桜橋IMビル 4F

0120-40-5535

06-6344-5535

キービジュアル

えー、私が矯正やるんですか? ②

2024年2月8日

えー、私が矯正やるんですか? ②

 

もし道端で体から血を流して倒れている人を見かけたら、あなたはどうしますか?

多分そのまま通りすぎることはせずに、本人の意思とは関係なくなんとかしようとして病院に連れて行こうとするでしょう。

しかし反対に、電車でいくら歯並びの悪い人を見かけたからといって、無理に歯医者に連れて行くことはないと思います。

矯正は、あくまでも社会が豊かになって初めて一般的となる健康医療の一分野です。

またいったん始まった矯正治療は、途中で中止するというわけにはいきません。

結果が気に入らないからといって元に戻すことは不可能です。

 

矯正治療

矯正治療

 

その意味で矯正治療は侵襲性が大きいアプローチだという認識を持つことが常に必要です。

『同様な結果を出すとすれば、最小の治療が最良の治療である』という考え方が正しいとすれば、

多分、矯正は最後にやってくるアプローチかもしれません。したがって、『矯正を強制』してはいけないのです。

しかし、患者さんによっては、矯正治療でしか結果を出せない、

または、歯を移動することにより治療の質が大きく向上するということが決して少なくはありません。

日本全体では、矯正治療を受けている人は年間10万人を少し超えているくらいと言われています(部分矯正を除く)。

これは、歯科医師一人当たりにすると、二人にも満たない数字です。

しかし歯科領域の審美への関心が年々高まっている現在、今度矯正治療を希望される患者さんほ増加していくと思われます。

もしかしたら、臨床の現場では矯正治療を行うことにより、大きく生活の質が向上するような人が見逃されているのかも知れません。

社会が成熟するにつれ、歯科医師・歯科衛生士は矯正治療について患者さんをミスリードしないような根拠のある説明を求められています。

このような意味で、歯科医師・歯科衛生士の矯正治療に対する役割は、今後ますます重要になるでしょうし、

矯正治療の知識と技術が不可欠となります。

Treatment Priority Index (TPI) という治療優先度指数といったものがあります。

これは審美性の問題はなくても他の不正咬合よりも矯正治療が必要な不正咬合があるということです。

それは、開口(オープンバイト)です。『歯はあたってなんぼ』の世界です。

対合歯と咬合していない歯はその役割をほとんど果たしていないといって良いでしょう。

このようなケースは矯正治療の必要性(TPI)が高いと言えます。

 

矯正治療 開口

矯正治療 開口

 

(歯科衛生士のための矯正学 歯科衛生士 Vol.27 No.4/2003  参照)

 

 

セカンドオピニオン/個別相談のご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

MAIL相談 24時間WEB予約

「北新地駅」徒歩1分
「西梅田駅」徒歩2分
「大阪駅」徒歩5分

0120-40-5535

06-6344-5535

このページの先頭に戻る