2・3・4 Substitution

「北新地駅」
徒歩1分
「西梅田駅」
徒歩2分
「大阪駅」
徒歩5分

〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目4−20 桜橋IMビル 4F

0120-40-5535

06-6344-5535

キービジュアル

2・3・4 Substitution

2024年6月11日

234 Substitution

 

開示すべき利益相反はない

かわさと歯科・矯正歯科

川里 邦夫

 

本発表について, 事前に患者の同意は得られている.

使用した材料は厚生労働省の認可されたものである.

 

【症例の概要】

患者30歳女性. 初診2019年9月. 主訴 : 前歯が凸凹している,  見た目をきれいにしたい.

所見 : 十数年前に21歯は外傷で欠損.  36歯は縁下カリエスのため保存不可能.  上下顎前歯の唇側に傾斜.

骨格性Ⅱ級.  口蓋隆起・下顎隆起が認められる.

【治療方針】 21歯が欠損しているため,  22歯23歯24歯を21歯22歯23歯に代用する

【治療計画】  ① TBI SRP  ② 14歯36歯44歯 抜歯  ③ 全顎矯正  ④ 再評価

⑤36歯インプラント埋入  ⑥ 口腔機能回復治療  ⑦ 再評価 ⑧SPT

初診時

初診時

初診時の口腔内写真・エックス線写真・歯周組織検査 (2019年 9月)

矯正治療開始時(2020年2月)

矯正治療開始時(2020年2月)

 

2 を 1の幅径に

3 の切縁を挺出し平坦化

4 の圧下

矯正中

矯正中

 

矯正治療終了時(2022年12月)

矯正治療終了時(2022年12月)

 

2 オールセラミック

3 ラミネートべニア

4 リンガルラミネート

2 オールセラミック3 ラミネートべニア 4 リンガルラミネート

2 オールセラミック
3 ラミネートべニア
4 リンガルラミネート

 

術前・術後

術前・術後

SPT移行時の口腔内写真・エックス線写真・歯周組織検査 (2023年 7月)

SPT移行時の口腔内写真・エックス線写真・歯周組織査 (2023年 7月)

 

【治療経過】 全顎矯正で上下前歯唇側傾斜を改善し,  36歯にインプラントを埋入した.

22歯23歯24歯を21歯22歯23歯の形態にするためと色調の調和のために補綴歯科治療を行った.

【考察】 22歯23歯24歯を21歯22歯23歯に代用するためには,  歯冠幅径と高径を矯正歯科治療にて調整し,

歯冠形態と色調を補綴歯科治療にて改善する必要がある.

 

【参考文献】

⚫ Vincent O. Kokichi Jr , Greggory A, Kinzer  Managing Congenitally Missing Lateral Incisors. Part 1 : Canine Substitution

JERD 2005, 17(1) : 5-10

⚫ Paniz G, Zarow M, Nart J, et al. Dual-Center Cross-Section Analysis of Periodontal Stability Around Anterior All-Ceramic

Crowns with a Feather-Edge or Chamfer Subgingival Preparation . Int J PRD 2020;40(4): 499-507

 

審美セラミック治療

 

 

 

 

セカンドオピニオン/個別相談のご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

MAIL相談 24時間WEB予約

「北新地駅」徒歩1分
「西梅田駅」徒歩2分
「大阪駅」徒歩5分

0120-40-5535

06-6344-5535

このページの先頭に戻る